安田守の徒然日記です。
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<前月 2006年08月 次月>>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
PROFILE
SEARCH
POWERED BY
OTHER
 

虫取り
今夜視察から帰ってから子供と虫取りに行きました。昨年同級生の山田君と行った場所なんですが、あまり期待せずに行ったのにカブトムシ(雌)を2匹捕まえました。実は雄を1匹見つけたのですが、木に登った瞬間に飛んでいきました(涙)。。。
それでも2匹も捕まえられて自分的には大満足です(息子的には雄が居なくて不満そうですが・・)

虫かごで元気な雌のカブトムシ


| - | 03:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
乙訓消防組合視察
昨日今日と乙訓消防組合の視察で「沼津市、三島市、裾野市、長泉町、清水町の3市2町消防指令施設運営協議会」と「田方消防本部」に行ってきました。
3市2町消防指令施設運営協議会では共同運用のメリットとして経費削減や相互応援体制の円滑化などがありましたが、向日市の55倍あまりの面積を管轄するので地理情報の習得などが大変だと思いました。
また田方消防本部は対象人口は乙訓よりも2万人程度少ないのですが、対象面積は約16倍であり(沼津市、三島市、裾野市、長泉町、清水町の3市2町消防指令施設運営協議会より大きいです)、地理情報の習得もさることながら火災や救急時に緊急車両が到着に要するする時間も重要です。
乙訓消防組合は全国的に見ると地理面積は狭いですし、新しい本部庁舎建設に伴い最新システムも導入されましたので火災や救急時に緊急車両が到着に要するする時間は短いので安心ですが、他の消防組合に比べて本部庁舎面積が小さく職員の皆さんが「訓練」をする場所が少ないのです。やはり日々の「訓練」を十分に行うことにより、緊急の場合に焦らず冷静に対応できるのだと思いますので、訓練場をできるだけ早く確保することが必要であります。
ところで田方消防組合がある伊豆の国市はもともと伊豆長岡町と言って長岡京市の姉妹都市ですが、バスで移動中に長岡天満宮の「八条ケ池」を模した池がありました。「それなり」にうまくできていましたが、やっぱり本物がいいですね。。。。

| - | 03:12 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑